箱根湯本温泉旅館 雉子亭 豊栄荘 公式サイト|箱根湯本の雉の宿
雉子亭 豊栄荘のページ 箱根湯本温泉豊永荘主人の挨拶  お部屋の紹介  離れ雉子亭の紹介  温泉の紹介  雉料理の紹介  宿日記  日帰り温泉の紹介 交通情報



箱根湯本温泉雉子亭 豊栄荘
0460-85-5763
メールアドレス
英語のページ
桃太郎と雉
 プランで選ぶ  宿泊日で選ぶ 予約の確認




お知らせ


 2014年 03月05日    本日の交通規制情報を更新いたしました。こちらから。

 2014年 02月11日    土曜日・日曜日の渋滞回避のためのページ作りました。

 2014年 01月22日    よくある質問と回答のページを作成いたしました。

 2014年 01月01日    新年あけましておめでとうございます。

 2013年 12月01日    箱根湯本にも冬がやってこようとしております。

 2013年 11月21日    豊栄荘の宿日記を更新いたしました。

 2013年 10月18日    お料理のページに幼児用のお粥の情報を掲載いたしました。

 2013年 10月09日    雉子亭 豊栄荘の英語ページを更新いたしました。


お知らせ









豊栄荘の4つの物語

豊栄荘の四季


豊栄荘の四季


 古より私たち日本人は、美しい日本の四季を

 色々な形で楽しんできました。

 私共が感じた、季節それぞれの小さな物語を

 自らの言葉で紹介したい。


 この季節にこんな愉しみ方がある、豊栄荘で

 のちょっとした四季の出来事、

 季節の移ろいに合わせて、雉子亭 豊栄荘の

 四季の物語を紹介いたします。
季節の物語・春へ 季節の物語・夏へ   季節の物語・秋へ 季節の物語・冬へ




雉の紹介


雉の紹介


 開業当初より旅館で初めて雉料理を供しました

 当時は湯坂山にて3000羽の雉子を飼育しており

 ましたが、雉子は飼育・保存・調理などあらゆる

 面で大変難しい食材の為、現在は日本中からし

 探し求めた末に辿りついた至高の雉子、『鬼北

 雉』にたどり着きました。


 当荘ではその鬼北の雉お出ししております。

 旨み溢れ、癖のない雉料理をご堪能ください。
雉料理の紹介




温泉の紹介


温泉の紹介


 目の前に須雲川が流れる豊栄荘の渓流露天風呂

 皆様に人気でこの露天風呂に入るためにわざわ

 ざ遠くより日帰り温泉にお越しになられる方も

 いらっしゃいます。


 この露天風呂はすごい絶景というよりは、どこ

 かなつかしい風景が広がります。

 屋根はありません、空のかなたが屋根です。

 のんびり温泉で日々の疲れを癒しましょう。
渓流露天風呂と温泉




離れ雉子亭の紹介


離れの紹介


 離れ雉子亭は、奥飛騨から移築してきました

 移築してからのエピソードは数知れません。


 移築当初はキジをお召し上がりいただくため

 の料亭だったこと。“雉子亭“は武者小路実

 篤の命名であったこと。40年前、火事のため

 に茅葺屋根および2階部分が消失したこと。

 奇跡的に、1階部分がそのままのかたちで残り

 現在の瓦屋根になったこと。
離れ雉子亭




おすすめ


おすすめコンテンツ


宿日記 アトリエの紹介 フェイスブック お子様の為にできる事の紹介

雉子亭 豊栄荘の出来事や、自然の風景を写真に収め、その時何を感じたか当荘主人とフロント主任が日記に書き綴ります。

豊栄荘が一年かけて作り上げているアトリエスペースです。緑の中で、仲間で仲良く創作活動やパーティーなどにいかがですか?


雉子亭 豊栄荘のフェイスブックページ。豊栄荘での出来事などを、当荘主人とフロント主任が日々の出来事をお伝えいたします。

ウエルカムベビーの宿。箱根で初の認定を受けました。お子様の為に豊栄荘ができることやお子様プランをご紹介いたします。

ご予約

上へ プランで選ぶ 宿泊日で選ぶ 予約確認




フェイスブック   スマートフォンサイトサイトマップ基本情報
箱根湯本温泉旅館 雉「きじ」と自家源泉の宿 雉子亭 豊栄荘
〒250-0312 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋227 TEL0460(85)5763 FAX0460(85)6760
hoeiso All rights reserved  撮影・製作 フロント 矢郷


コンテンツ

ホーム 挨拶  お部屋  離れ  温泉  料理  日記  日帰り 交通