環境に配慮した宿

環境に配慮した宿

箱根周辺の木材を熱源としたバイオマスボイラーを導入することにより、CO2排出量の大幅な削減を行いました。以前は宿の大浴場や露天風呂の熱源に化石燃料を使用しており、このことにずっと疑問を感じていました。山にたくさん育っている木を生かせればいいなあ、という思いから「資源の地域内循環」といいうキーワードに出会い、箱根近隣の「木」を循環させる行動に移しました。箱根周辺の木材を使用することにより、森の荒廃を防ぎ、雇用を生み出しています。また適宜見学も受け入れ、それが啓蒙活動につながっています。

年代を経たものの価値を提供する宿

離れ「雉子亭」は、400年前の合掌造りを飛騨から移築したもの。手を加えながら、その趣きや合理的なつくりを後世に伝えていきます。また本館についても増築を繰り返した築40~60年の建物の構造を生かして、今の時代に合った使い方をしています。館内の建築素材については、長く使用するにつれて味わいの増す自然素材、自然に還る素材を多く使用しています。

人が生きる宿

働く人が、その人らしく輝くことを応援しています。仕事を通じて、社員のいい人生を作っていくことが、豊栄荘の目的です。その目的に向けた採用・教育といった会社作りを行っています。「人に喜んでもらいたい」という思いの強い社員が提供するサービスは、お客様に「あるがままでいられる」という価値を提供し、お客様の人生を良くすることに寄与します。

箱根旧街道の宿

私たちは箱根旧街道沿いの宿を営ませていただいており、「旧街道を元気にしたい。」という思いで活動してきました。箱根旧街道には美しい自然・歴史・文化があります。この「箱根旧街道を生かしたい!」「もったいない!」ということが、行動の原点になっています。最近では、眠っていた観光資源である「早朝」に視点を向け、「早朝の箱根旧街道」という価値を提供するツアーを実施しています。